後悔しない為のモバイルWiFiルーターとは
意外と知らなかった、モバイルWiFiルーターとは

モバイルWiFiルーターとは

自宅では光ファイバーや電話回線でインターネットに繋いでいます。回線工事に来ると光ファイバーや電話線の一番最初に接続する機械がルーターです。
モバイルルーターとはその機械だけが独立した状態で、携帯電話と同じ様に電波を使ってインターネットに接続する機械です。


モバイルルーター概念
電波を使用するので、電波が届く所であれば自宅以外でもどこでもインターネットに接続する事ができます。

パソコンに直接接続するUSBタイプやスマートフォンよりも見かけは小型な端末でバッテリー内蔵タイプや自宅据置きタイプ等があります。

バッテリー内蔵タイプが主流で使用時間は約3〜10時間。
又、この据置きやバッテリー内蔵タイプではそれ自体でもWiFi電波を送信する事ができるのでパソコンとモバイルルーター間もケーブル無しの無線RAN接続ができます。

もちろん携帯電話やスマートフォン、ipadなどのタブレット端末、ゲーム機などともWiFiを使って接続することが出来ます。

一度に接続出来る端末は8台位接続出来るタイプもあり様々です。
数台の端末を接続してもモバイルルーター自身が回線契約をしているので、個々に回線契約を結ぶ必要はない。

ipadは3Gタイプとwifiタイプと2種類あるが、3Gタイプだと携帯電波を使用してインターネットに接続する為回線使用料、つまり月々の支払いをしなければならない。

しかし、モバイルルーターを持っていればipadはwifiタイプの端末を購入するだけでよく、端末代以外の月々の支払いもなくお得である。



公衆無線RANとの違いは

公衆無線LANとは、無線LANに接続機能がある端末では公衆無線RANスポットエリア内であればインターネットに接続する事ができます。

大きな違いは、公衆無線LANが提供されている特定のスポットでしか利用できないことです。
モバイルルータを使った接続は、公衆無線LANのスポットに比べれば圧倒的に広範囲に提供されています。

公衆無線LAN提供者への申し込みは必要。

回線業者とプロバイダーは別、とは →