後悔しない為のモバイルWiFiルーターとは
回線業者とプロバイダーは別、とは

回線業者とプロバイダーは別、とは

回線業者とはいったい何なのでしょう?
初めてインターネットをする時には混乱してしまうようです。

主に回線を提供しているのはNTTです。

電話回線や光ファイバーでADSLやフレッツ光等を提供しています。
他にもありますが、有線で提供しているのはNTTの他、ケーブルTVが主な事業者です。


インターネット

文字通りADSLや光ファイバーなどの回線を提供している会社が回線業者です。
(キャリアと一般的には言います)
プロバイダーは回線設備を持っていないので、自宅からのインターネットを使う為の有線はNTTの電話線や光ファイバーを借りて営業しています。
(Yahoo!は回線もプロバイダーもまとめてやっています)
本来、回線業者とプロバイダー(ISPと一般的には言います)は別々の契約をしないといけませんが、これだとユーザーは面倒なだけなのでプロバイダーが窓口になり、回線とセット契約をしている形をとっています。

つまりADSLセット、フレッツ光セットではプロバイダーに申し込むと自動的に回線も契約している事になります。

ユーザーにとっては簡単に済ます事ができ便利になっています。
月々の請求もプロバイダーから一括で請求がくるのが一般的です。
しかし、プロバイダーを変更したり解約すると回線もストップしてしまうデメリットがあります。

回線業者とプロバイダーを別々に契約する場合は、自由にプロバイダーの変更ができるメッリットがあります。
フレッツADSLやBフレッツがこれにあたります。
NTTに申し込んで、その後プロバイダーと契約します。
以上のような事が初めてインターネットを自宅でする場合、混乱の原因になっている様です。

携帯電話でのインターネットは一体どうなっているのでしょう?


携帯電話はもちろん電波を使っています。
有線の電話線や光ファイバーの代わりに電波で回線を提供している回線業者にあたります。

インターネットをするにはプロバイダーと契約しないといけません。
これが DOCOMOだとSPモードなどで月々支払っているプロバイダー料金になります。
つまりDOCOMO自体がプロバイダーになっている訳です。
これでメール、インターネットも利用する事ができるようになります。

パケホーダイなどの定額プランは携帯電話端末でデーター通信する為の音声電話とは別の回線使用料という事です。
このプランを契約せずにインターネットをすると定額では無い為、使用データー料に応じた請求が来ます。
時には何十万円という高額な請求がきたりする事があるので要注意です。

また、パソコン等を携帯電話に接続しインターネットをすることもできますが、(デザリング等)これらは別の上乗せ請求になる場合があるので要注意です。

また、データー通信プランを利用するには、プロバイダーと別で契約しないとインターネットできない場合があります。
最近のスマートホンでは携帯電話会社がプロバイダーの役目をはたすので必要なくなってきましたが、注意が必要です。

データー通信だけを独立した機器にしたのがモバイルWiFiルーターです。
最近ではADSLや光ファイバーに勝るとも劣らずの速度で提供する環境が整ってきました。
提供エリアにもよりますが、モバイルルーターだけで自宅ではまかなえる状態になってきています。
経費的にもお得なプランもぞくぞく登場してきています。
電波を利用しているので、自宅に回線の引込み工事も必要ありません。
引越先でもすぐに使える訳です。
外出先でも電波が届いているエリアであればどこでも簡単に使う事ができるメリットがあります。
接続機器も一度に何台も接続出来るモバイルルーターもあります。
では、このモバイルルーターは回線業者とプロバイダーとの関係は一体どうなっているのでしょう?

モバイルルーターの回線業者とプロバイダーとの関係

モバイルルーターの回線業者は、

モバイルルーター回線業者
docomo 回線のみ提供。ISPは別契約 
au 回線のみ提供。ISPは別契約
EMOBILE ISP付。メールアドレス無。
SoftBank ISP付。メールアドレス無。
UQ WiMAX ISP付。メールアドレス無。

などがモバイルルーターの回線業者です。


回線業者なので、プロバイダーに別途契約しないとインターネットはできませんが、ソフトバンク、イーモバイル、UQ WiMAXはプロバイダーも兼ねているので、別途プロバイダーに契約する必要もありません。

auの場合は au.NET DOCOMOはmoperaU など、525円/月で自社プロバイダー提供をしています。

au.NET、moperaUにはメールアドレスが1つ付いていますが、プロバイダーと兼任しているソフトバンク、イーモバイル、UQ WiMAXのデーター通信プランにはメールアドレスは付いていないので、無料でお得な使いたい場合は、G mailなどのフリーメールアドレスを利用する事になります。

BIGLOBE、OCN、DTIなどはプロバイダーになります。
回線設備は持っていませんので、回線業者から回線を借りて営業展開をしている訳です。

プロバイダーである為、プロバイダーの利点を活かして色々なお得なプランを打出しています。

特に、プロバイダーから申し込みをするとメールアドレスが無料で付く点などが上げられるでしょう。

固定回線を持っている人はメールアドレスは必要ないと思いますが、モバイルルーターだけに絞る人、引越などで光回線やADSLが距離的に利用出来ない人にとってはモバイルルーターの利用が検討範囲に入っている事と思います。

いままで使っていたメールアドレスを引続き使用したいという方には各プバイダーの一番安い従量制プランに変更する事で今までのプロバイダーのメールアドレスを引き続き使う事もできます 。

回線業者をお得に選ぶポイント→